一般歯科 - カズ・デンタルクリニック | 横浜市 南区 歯科医院 小児歯科

診療内容

歯科医院で行われる診療のほとんどが、虫歯と歯周病の治療です。
これは、小児歯科でも大人の歯科治療でも同じです。
お子様の虫歯は特に見つけづらいことも多く、ご本人も虫歯と気づいていないことも多いものです。
そのため、自覚症状がなくても、予防を兼ねてまめに歯医者に来ていただくことが重要です。

虫歯

img_ippan01.jpg
虫歯って、なんでしょう。
歯が痛くなったら虫歯。もちろん正解です。
でも、その答えは100点ではないのです。

実は歯が痛くなる前から虫歯は進行しています。
まず歯の表面が溶かされ、じわじわと歯の中に入り込んできて......歯が痛くなるのは、虫歯が神経に到達するころなのです。
つまり、ズキズキしてきたら、虫歯はもうずい分進んでしまっているのです。


img_ippan01_2.gif

「痛い」と感じたら、すぐに歯医者へ来てください。
少しでも早いほうが、治療の期間も短くなりますし、歯を削ったり抜いたりする事もできるだけ少なくできます。
より良いのは、痛くなる前に検診を受け、早期発見・治療をされることをお勧めします。

虫歯の予防は、とても難しいものです。
正しい歯磨きをしていても、100%防ぐことはなかなかできません。

そんなときは、当院にいらしてください!
歯医者は、虫歯を治すだけの場所ではありません。
カズ・デンタルクリニックでは、虫歯予防のためにフッ素塗布やキシリトールガムの取り入れ、唾液の細菌検査、特別な薬で歯垢の質を変える除菌処置(3DS)なども行っております。

詳しくは、来院時にお尋ねください。

歯周病

img_ippan02.jpg 歯周病の症状でわかりやすいものは、口臭がしたり、歯茎から血が出たり、最悪の場合は歯が抜けてしまったりという症状かと思います。
では、歯周病というのは、何が原因でなるものなのでしょうか。

実は歯周病も、虫歯と同じように細菌が原因で発症します。
つまり、予防法もよく似ています。

ただ、症状は違っていて、虫歯は菌が歯を溶かしていくのに対し、歯周病は歯茎や歯槽骨(歯を支えている骨)を侵食していきます。

img_ippan02_2.gif

歯周病は、自分ではなかなか気付かないものです。だんだん歯茎がはれてきて、はじめてわかりやすい症状が出てきます。
歯茎が腫れたりするようなことがあれば、「体調が悪いのかな?」「強く歯磨きしすぎたかな?」と思われるかもしれませんが、まずは歯医者へいらしてください。
歯周病も、虫歯と同じように定期的に検査を受けたり、歯科医院にて歯周病予防の処置・指導を受けることをお勧めします。
詳しくはこちらをご覧ください

横浜市南区の歯科医院 小児歯科 カズデンタルクリニックへのお問い合わせは

045-252-1755

お気軽にお電話下さい。

〒232-0022
横浜市南区高根町3-17-28
共栄ビル204号

アクセスマップはこちら >

携帯電話からもご活用いただけます